ビジネス書批判



最初は水野さんのビジネス書評論の本を買おうと思っていたのだが、本屋でちょうどその横にあった本書が目に入りこちらを買いました。intentionalにいま活躍中の自己啓発系の著者を強引といえるロジックで批判しまくり、じゃあ本人は誰のことを崇拝しているのかといったら、稲盛さん、小倉さん、松下さんん、といういわゆる、努力・誠意・感謝の「まっとう」系。オチは普通にまともでした。。とにかく、宇宙とか、神の存在とか、人間の叡智をこえたところで、納得させる自己啓発書が嫌いのようです。自分的には、そこが、また本当にそうだったら、世の中面白いなあ、と思うのですが。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック